わくわく創造アトリエの講師紹介

講師の紹介

中木秀成(なかきひでなり)

 岩国短期大学幼児教育科卒業。その後、和久洋三氏に師事し、東京都大田区の童具館で1年間の研修に取り組む。2011年に広島安佐プレイルームを開校。
 また、アトリエ活動のかたわら広島県・岡山県・島根県・山口県において多数の幼稚園や保育園・小学校等で積み木遊びや、各種造形活動、作品展のサポート、親子イベントでの講師等を務める。
 1児の父として公私ともに奮闘中。

講師・中木秀成

協会長の紹介

和久洋三(わくようぞう)

 1942年、東京に生まれる。東京芸術大学美術学部工芸科工業デザイン卒業。1968年、同大学大学院修了。卒業制作に「遊具」を発表。以後、保育関連会社での開発室勤務、保育園嘱託を経て、童具づくりに専念する。1977年から童具展を各デパートで開催。スイス、フィンランドでも作品が販売される。1982年から1年半の間、スペイン、セビリアで童具の創作と研究に専念。
 現在、童具館館長。和久創造共育普及協会会長。「和久洋三のわくわく創造アトリエ」代表をつとめるかたわら、創造教育についての講演、講座活動、美術大学や幼児教育者養成校での指導にあたる。
 著書に『子どもの目が輝くとき』、『遊びの創造共育法・全7巻』(ともに玉川大学出版部)などがある。

協会長・和久洋三
メールでのご相談やお問い合わせはこちらのボタンをクリックしてください
アトリエ体験参加のお申し込みはこちらのボタンをクリックしてください
無料の資料のお申し込みはこちらのボタンをクリックしてください